MENU

プロテオグリカンの効果にはどんなものが?

プロテオグリカンは日本の考察仲間が探知した新しい美肌成分だ。
多細胞動物のみに存在し、ヒアルロン酸と平等、それ以上の保湿力を保ち注目を集めています。
語源はタンパク質=プロテインと、糖=多糖類グリカンが結合しておる姿によるもので、
上皮細胞増殖成長因子に類似した行動が認められています。

 

鮭の心中や鼻に位置する軟骨成分に数多く存在するプロテオグリカンは、美肌だけではなく健康効果にも際立つ中身を保ちます。
またスキンから成分のローディングが容易で、全身においては腸管から吸収されるので全身に成分がはびこることから、様々な光景での活躍が期待されてある。

 

美肌効果もあるといわれています。

上皮細胞増殖成長因子というものに似た作用から
老化によるスキンの退転を改善します。
考察仲間の実験によると女性被験者に約4週間にかけて
日帰り2回プロテオグリカンの塗布をお願いした実験によると、
明らかに目尻のしわが減ったという実績を得たって発表しています。
プロテオグリカン効果
上皮細胞増殖成長因子は加齢と共に減少していく成分だ。
皮下内の細胞機関の治癒・クリアー・キープや伝言物質の役割を果たすことから、際立つ美肌作用を齎します。

 

また、敢然と水分を溜め込む魅力を持つので、
皮下内の水分が保たれる行動からヒアルロン酸や
コラーゲンの生成を促進してプルプルのおスキンへって導きます。

 

その保水能力はヒアルロン酸の1.3倍と言いますから、
非常にうるおうことがわかります。ただ水分を補給するだけではなく、
スキンの中で水分をキープし積み重ねるチカラが得るわけですから、
カサカサ知らずの美肌に生まれ変われるわけですね。
ターンオーバーも促進していただける
また、成長因子EGFと同じような行動があり、
細胞がいくらでも新しいものに生まれ変わってくれます。
つまり、いつでも赤ちゃんのようなスキンでいられるということですから、これは期待できます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸を生み出してくれる

そうしてプロテオグリカンは、コラーゲンとヒアルロン酸を生み出すチカラもあります。
化粧品製造元での実験では、プロテオグリカンをヒト繊維芽細胞に加えて
比較してみたところ、コラーゲンは30パーセンテージ、
ヒアルロン酸は誠に70パーセンテージも生産量がアップしたという成果が出たといいます。